FC2ブログ

タイトル決まらないからとりあいず3000アクセス記念で・・

急に書いた記事でタイトルが決まらなくて、とりあいず3000アクセス記念としました。
タイトルと内容は関連性がないのでご了承下さい。

さて、またまた予定とは違うのですが、今日の明けの出来事でした・・・。

夜勤終わり帰宅すると、胡桃がたたたと駆けてやってきた。

胡桃「お帰りなさい!兄さん!」
19011301_ks.jpg


青鉄「おう!ただいま。その後の調子はどうだい?」

胡桃「うん、胡桃とっても元気!」

青鉄「そうか、それは良かった…ん?
く、胡桃ちゃん、な、何をしてるんだい?」


胡桃は俺のズボンのちょうど、アレがあるところをその小さな手で
撫で回す様に触れてきた…。

19011302_ks.jpg
胡桃「・・・なぁんだ。
にいさんのココもすっごく元気なんですね…。
胡桃、兄さんのここ、見たいなぁ…」

青鉄「ど、どうしたんだ?胡桃!いつもなら
嫌〜(><)とか言うのに…」



今日は積極的じゃないか!!
お兄さんはうれしいぞぉ!!!←だめだこいつ…早くなんとかしないと

早速ベッドへGO!

胡桃「兄さん、早く脱ぎ脱ぎして〜♪」

19011303_ks.jpg
胡桃はそう言って、誘う様にスカートをたくし上げ、パンツを俺に見せつけていた。

19011304_ks.jpg
俺は胡桃のパンツの中に手を入れ、この間の術後の経過を手で確認した。
経過は成功していた。
少し毛は抜けるが、立派にそれは生えていた。

胡桃「兄さん〜胡桃のまんまんからエッチなお汁出ちゃうの〜」

俺がいつまでも撫でていると、
中からローションがたらりたらりと滴っていた。

19011305_ks.jpg
胡桃「ねえねえ兄さん〜胡桃のお汁止まらないからマスターのそれで蓋して下さる?」

胡桃は恥ずかしいところをあらわにしたまま、
俺のものを指差して言った。

いつもの胡桃とはなんか違う気がするが・・・・

もう!どうにもなれ!!

今日の胡桃はちょっと変だけど、どうでもいい!
今は胡桃と1つになる事だ!!
そう言って、俺は胡桃のワンピースをするりと
脱がした…。

19011306_ks.jpg
すると胡桃は向こうを向いてしまった。


青鉄「く、胡桃…?」


19011307_ks.jpg
胡桃「兄さん、ごめんなさい…。
兄さんの事は大好きだから、勇気を出して頑張って見たけど、
おっぱい見せるの…胡桃やっぱり恥ずかしい…」

青鉄「う~ん、隠せれば大丈夫なんだけど…

隠せれば、隠せれば…ん?ぴこーん!!」

胡桃「に、兄さん?」

19011308_ks.jpg
青鉄「胡桃、これをおっぱいにつければ隠せるよ!」

胡桃「でも、兄さんこれって?」

青鉄「大丈夫だよ。」

胡桃「でもぉ・・・・」



そして…

























































ついに、胡桃ちゃんトップレス初公開!!











胡桃「いやあ…やっぱりはずかしいよぉ!!」

19011309_ks.jpg


絆創膏でおティクビ様をガードしました。


190113010_ks.jpg
モロみせよりエロくないですか?

この後、生えてる胡桃ちゃんとたっぷり合体しました。









そして…

青鉄「で、急にどうしたんだ?胡桃?」


190113011_ks.jpg
胡桃「あのね、この間、怪我を治してくれたから、お礼♪
頑張ってみたけど、やっぱり怖くなって泣いちゃたんだ、駄目だね…へへっ!」

青鉄「いや、駄目じゃないさ…
少しびっくりしたけど、ちょっと嬉しかったよ。」


胡桃「あ、あのね!兄さん!」

青鉄「どうした?」

190113012_ks.jpg
胡桃「胡桃、エッチな事は嫌いじゃないんだよ。
本当はもっともっと胡桃からしてあげたいけど、
恥ずかしいのと兄さんの体(とくに腰)を心配なの。
だから、だから…
もっともっと胡桃としてほしい…なあ〜。」


青鉄「胡桃、ありがとう…。
俺も胡桃が大好きだから
つい、胡桃が恥ずかしい事、いっぱいしちゃうんだよ…。
胡桃といっぱいしよう。
だけど、胡桃のペースを考えて、あまり恥ずかしくない様にするよ。
とは言ってもエッチ自体が恥ずかしいけどな
…ハハハ」

190113013_ks.jpg
胡桃「まあ、兄さんたら
…でも、ありがとう、兄さん・・・・大好き!!」



190113014_ks.jpg
胡桃がまた抱きついてきた。


La Fin


何はなくとも・・・江戸むらさき・・・じゃなくて、
なにはともわれ・・・3000アクセスありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[PR]

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ