FC2ブログ

グリッドマンのミニプラを作るよ!2

長かった・・・やっと来ました。

昨年12月に紹介した「電光超人グリッドマン」のスーパーミニプラ、
前回はグリッドマンとアシストウェイポンのサンダージェット・ツインドリラー・ゴッドタンクを作りました。
そして今回はプレミアムバンダイ限定発売のダイナドラゴンとグリッドマンシグマ
のスーパーミニプラが届いたので作ってゆきたいと思います。
12月頃に予約してやっと届きました。



190301 (2)

えあ「・・という訳で今日はえあだよ」

190301 (3)
えあ「これが、新しいスーパーミニプラだよ。梱包箱が二つあるね。」

えあ「一つはダイナドラゴンとグリッドマンシグマのセットBOXともう一つは
ダイナドラゴン単品のBOXだよ」

えあ「つまりダイナドラゴンを二つ買ったみたいだよ。」

えあ「キャシーお姉ちゃんとかは”無駄遣いね、同じものを二つ買うなんて”言ってたよ。」



えあ「でも見てよ!」


どん!

190301 (4)

えあ「パッケージが違うんだよ!」←そこ重要


えあ「しかもこのパッケージはSSSSGRIDMANのアニメーションデザイナーの人の描きおろしだよ。これは二つ買うしかないでしょ!」


えあ「ってマスターとえあがお姉ちゃん達に熱く語ったけど、伝わらなかったよ。」

えあ「まあ、そんな話は置いといて作ってゆくよ。」



190301 (5)
青鉄「う・・・部品が多い(; ^ω^)・・・」


190301 (6)
えあ「前回と同様、手の汗が付かないように手袋、マスク、タミヤのピンセットとニッパーを使ってゆくよ。」



190301 (7)
まずは、原作通りにドラゴニックキャノンを作ってゆきます。
ドラゴニックキャノンについては完成後解説します。


190301 (8)
えあ「だんだんと出来てきたよ」


190301 (9)
はい、完成。ドラゴニックキャノンです。
火炎放射器的な武器で手前のドラゴンの口から発射します。

これは電光超人グリッドマン第18話「竜の伝説裂刀怪獣メカバギラ登場」
に唯一登場する武器です。

この話は古代のミイラを制御したコンピューターワールドに怪獣を送り込み、
そのミイラを生き返らせるというもんで、
考えてみれば

コンピューターいじっただけでミイラが生き返る

というなんともぶっ飛んだ話です。(笑)

でも子供のころ、その動くミイラが子供たちを襲うんですが、その姿が怖くて怖くて一番苦手な話でした。
おまけに当時我が家にあったTVのTBSは映りが半端なく悪くて映っては青くなって映っては青くなってを繰り返した状態でした。
なので、ミイラが映って青くなってミイラが映って青くなっての繰り返しなのでそれで、
怖さにターボがかかったんじゃないと思っています。

今は綺麗なDVDやらブルーレイ、ましてはネット配信で気軽にみられてしまうんだから、
いい時代になったと思いますが、当時の不便さからこのようなトラウマが生まれるのだから、
便利すぎる現代もどうなんだろうと少し思ってしまいます。

先ほど、「唯一登場した武器」言いましたが、あることがあり、この武器はお蔵行きとなりました。
実は同時期、「五星戦隊ダイレンジャー」が放送していたのですが、
(青鉄も見てましたが、あまり覚えてません(^^;ジュウレンジャー押しだったので・・・)
その本編に出てくる武器「スーパー気力バズーカ」

これ
DpzTzsXU8AA53qy.jpg



これ
DpzTzsZUwAA38t7.jpg

似てるでしょ・・・?
これがおそらく問題となり、ドラゴニックキャノンはこの回のみの登場となってしまいました。

そして、早くも次の第19話「セクシー婦警SOS!」で、
(本編のその婦警は全然セクシーじゃないんけど・・・)
ドラゴニックキャノンはバズーカ砲から戦闘機へとモデルチャンジしました。



これがダイナファイターです。
190301 (10)
先ほどのドラゴニックキャノンの持ち手を折り曲げて翼を変形するとこんな感じになります。

次の第20話からまた新しい武器が増えるんだけど、とりあいず今日はここまで。
また次回にお会いしましょう・・。ではまた。

徐々に増えてくるスーパーミニプラ達・・・
190301 (1)
スポンサーサイト
[PR]

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ