FC2ブログ

青鉄、引っ越しました+真面目な話・・。

皆さん、お久しぶりです。
前の家から隣町に人生初の引っ越しをして一週間が過ぎました。
今は八畳から六畳へと少し狭い部屋でPCを打っています。
この部屋は襖なので鍵もなく襖の向こうはリビングなので、
ドールいじりも出来ない訳で非常に厳しい環境の中にいます。

さらには、前の家にはまだ、キャシーの体と胡桃ちゃんが元の青鉄の部屋にいます。
なんとかして、階段からおろして物置にでも一時待機させたいのですがなかなか忙しくできない次第です。
その前に肝心のものおきも水で濡れて中のものがぐちゃぐちゃなので、
それをなんとかしてからですが・・・。

生まれてから住み慣れた環境から離れる感じがすごく体に響き、
引っ越し当初は腹痛に悩まれ、微熱や咳なども出てしまいました。

一瞬まさか・・・と思いましたが、医療機関に行ったらただの風邪でした(笑)
よかった、よかった。







それとは別にだんだんと自分の置かれている環境が怖くなっていく事がありませんか?
ここから先はちょっと真面目な話になるので伏せておきます。


先日、怖い夢を見ました。
時代は現代なのに来ている服はもんぺ姿の人ばかり、外国から空襲を受け、車で逃げるが爆発してどんどん人が死んでゆく。
逃げる一方、何故か、走るモノレールの壁に沢山のもんぺ姿の女性が張り付いて讃美歌を歌いながら、モノレールを守り、爆弾に当たってたくさんの人が死んでゆく。
何故か私は時々ですが、空襲の夢をよく見ます。すごくリアルで怖くてでも夢だと分からず、見たくないその光景を見なくてはならない・・・。

そんな夢を見た後、急に岡林信康のアルバムが聞きたくなり、くそくらえ節、チューリップのアップリケ、手紙、これらはすべて放送禁止ですが、これよりも私は戦争の親玉という曲を聴いてゆくうちに今置かれた現状は恐ろしい事なんではないかと震えが来たのです。

感染症問題、物不足、原発・・・たくさんの問題をニュースは客観的に同じ事ばかりをだらだらと流しているけど、落ち着いて考えてみれば恐ろしい事です。

国民が何も言わないでこのまま経過していくと、最悪の時代になる、いや、もうなっているかもしれません。

思え返せば、あっという間の出来事だと思います、政府のプロパガンダが「拡散はしない、安全だ」と言っていたでも、私はそんな事は思ってはいませんでした。
必ず、拡散する、でも、それでも私自身が国内には来ないと思っていたのが甘かったのです。

見る見るうちに国内にも拡散し、あっというまの物不足。
政府はなにもしない、昔から国家が危機的状況になっても何もしなかった。
太平洋戦争の時も国民の大多数が死者を出したのも適切な指示がなかった為、あそこまで
壊滅被害は防げたはずです。

このままでは、その時の二の前になる、国家が没落し、無法地帯へとなってしまうのも時間の問題だと思ってしまいました。









岡林信康のアルバムを聴いていたらそんな難しい事を考えてしまいました。
自分でも書いていて何を書いているのか分からなくなってしまったのでここでしまいとします。
まだまだドールの姿は見せられませんがなるべく早く皆さんにお披露目したいです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ